ジャニヲタでありゲーマー・手芸など何でもありなブログ

じゃすログ

人生観

私が五輪及びスポーツが嫌いなの5つ理由をまとめてみた

投稿日:

スポンサーリンク

どうも、じゃすみんです。

いやー、いよいよ平昌五輪が始まりましたね!
さぞ楽しみにされてる方も多くいらっしゃると思いますし、選手の方は頑張っていただきたいなとは思います。

そんなときに水を差すような話を今回はぶっこんでいきたいと思います!
私、スポーツが大嫌いなんです!!
どれほど嫌いかというと、選手がTV出たらテレビ消すレベルでです。

で、なんでこれほどまでに嫌いになってしまったのかをちょいと考えてみました。

ざっくり嫌いな点を上げますと、
・自分自身が運動オンチだから
・応援してる人の熱気が苦手
・選手の必死感にドン引き
・自分の見たい番組が潰れる
・ニュースがその話(今なら平昌五輪)ばっかりで飽きる
です。

では、詳しく見ていきましょう。

自分自身が運動オンチだから

これが一番の理由ですね。

私幼稚園のころは器械体操部に入ってて、小学生低学年のころまでは体を動かすのが好きだったんです。
しかし、年齢が上がるにつれ体の個体差が出始め、気づけば私は底辺まで落ちぶれてしまいました。

普通、ここで努力とかをして何とか追いつこうと考えるのでしょう。
しかし私はジャニーズという体も頭も使わなくていい趣味にのめり込んでしまったあまりにあっという間に運動オンチになってしまいました。
今では立派なブタですw

しかし日常生活には支障に何の支障もないですし、年一の健康診断も至って健康体です。
なので、私はこれからも自らの意志で運動をすることはないでしょう。

応援してる人の熱気が苦手

何かあの熱狂ぶりはジャニヲタとは別次元でキモイです。
てか怖い。

なんで皆お揃いのユニフォーム着てんの?なんで7回で風船飛ばしたりしちゃってるの?
はたから見たら怖いですよw

あと特にサッカー、フィギュア選手を応援してる人が苦手です。
サッカーの試合って日本だと深夜にやる場合が多いじゃないですか?
それをわざわざ起きてまで見て、次の日仕事をするんですよ?信じられませんよ!!

フィギュアは演技終了後花束飛ばすじゃないですか?
あれがダメなんですよね。
お前らはベルバラかよってw

とにかくどのスポーツにおいても熱狂している人は苦手です。

選手の必死感にドン引き

そりゃ生活が掛かってるでしょうから、必死になるのも無理ないでしょう。
しかし、私はその必死感が嫌いなんです!!

まるで選手皆が松岡修造みたいなw
あれがダメなんですよ。

確かに一人間としては頑張っていただきたいっていう気持ちはありますよ。
ただそれを画面越しで視聴者に乗せてくるんじゃねえぞと言いたいんですよ!!

あれさえなければな純粋に応援していたのにな…

自分の見たい番組が潰れる

これ、ホントムカつきません?

例えばあなたが本気で楽しみにしてる月9のドラマがあったとしましょう。
で、その一つ前には野球中継がある。
予定では20:50頃終了となっていて、当然あなたはそれを信じて月9の時間まで待機する。
でも時間になっても野球をやってて、画面上に「10分ほど延長します」と表示が出ます。
この時点でイライラしますが、まあ10分くらいならと嫌々ながらガマンしてTVを見続けます。
しかし10分経っても試合が終わらず、最終的には70分ほど延長しました。

あなたならこのときどう思います??
私なら速攻TV局へ抗議の電話をいれますね。
「こんなクソしょうもないただの玉投げ流さず、有益な娯楽であるドラマを素直に流せ」と。

こんな感じで番組が潰れるのは嫌でしょ?
だからスポーツは野球に限らず全部嫌いになりました!

ニュースがその話(今なら平昌五輪)ばっかりで飽きる

ホンママジで飽きる。
何回同じシーン流しとんねん。

1回だけ流すならまだ理解するし許容できる。
ただ同じシーンをずーーーーーーーーーと繰り返し流して何の有益な情報でもないのを放送してて、最近のテレビ局はアホになったんかな?って錯覚するレベルですよ。

今平昌五輪やってますが、ホンマ飽きてます。
いい加減にしろよと思いながらTVを見て、そして消します。

「嫌なら見なけりゃいいだろ」と言われるでしょう。
しかし私は仕事上嫌でもTVを見ないといけないんです。
そこで何度も同じ話されたら発狂しそうになりますよ?
まあそれをあなた方に理解をしてくれと言っても無理な話ですけどね。

まとめ

以上、私が五輪及びスポーツが嫌いなの5つ理由でした。

今の時期にこんな内容出すべきじゃないんだろうけど、どうしても書きたくてね。
毎日毎日五輪ってうるさいねん!!ってなってたんですよ。

少しでも共感してくれる方が居られるとうれしいなぁ。

ではまた、ノシ!

 

スポンサーリンク

-人生観

Copyright© じゃすログ , 2018 All Rights Reserved.