ジャニヲタでありゲーマー・手芸など何でもありなブログ

じゃすログ

人生観

小林麻央の追悼番組放送の必要性とテレビとクソさ

投稿日:2017年6月27日 更新日:


ども、じゃすみん(@jasumin___01)です。

昨晩に小林麻央さんの追悼番組がやっていたのですが、
正直あれって放送する必要あるのでしょうか?

確かに亡くなられたことは残念ですし無念です。
しかしそれはテレビやネットニュースだけで済ませれば良い話じゃないの?
視聴者目線からすれば全くタメにならない非生産的なクソ番組です。

そもそもゴールデンタイムのにあの様な物悲しい番組をする必要は?
あれを見て視聴者はどうすればいいの?

そりゃ、がん患者さんや支える家族はすごく励みにもなるだろうし
参考にもなることでしょう。
でもそれ以外の視聴者は?
ホントあの様な涙チョロリを促す番組が嫌い。死ぬほど。

他にもテレビには不満があります。

例えば外国関係です。
テレ東系:「YOUは何しに日本へ?」
テレ朝系:「世界ルーツ探検隊」「世界ナゼそこに日本人」「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団」
TBS系:「世界の日本人妻は見た!」とか。

スポンサーリンク

他の番組で嫌いなやつは、
MBS:「水野真紀の魔法のレストランR」
テレ東:「THEカラオケ★バトル」「家、ついて行ってイイですか?」
TBS系:「プレバト!!」「ニンゲン観察!モニタリング」「爆報!THE フライデー」「炎の体育会TV」「ピラミッド・ダービー」「好きか嫌いか言う時間」
テレ朝系「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」「こんなところにあるあるが。 土曜 あるある晩餐会」
フジテレビ系:「フルタチさん」「ネプリーグ」「痛快TV スカッとジャパン」
日テレ系:「秘密のケンミンSHOW」
YTV:「大阪ほんわかテレビ」
KTV:「快傑えみちゃんねる」
テレビ大阪:「関西私鉄沿線ぶらり旅2」

とりあえず全部リストアップしましたが、理由はどれも一緒。
つまらないからです。

一昔前のテレビはお金が掛かっていなくても、工夫がされててすごく面白かったりタメになるものが多かったような気がします。

しかし、今は制作費が無いといいながらムダに海外ロケに行ったり意味不明なところでお金を掛け、中身がスカスカでクソな番組ばかりです。

「見なけりゃいいじゃないか」
そういう方もいらっしゃるかと思います。
しかし私は職業上見なければならなく、日々クソつまらん番組を相手にしなけりゃいけないのです。

ホントもっと面白い番組を沢山作ってくれないですかね、テレビ局のお偉いさん。
お願いしますよ!!

では、きょうはここまでノシ

 

スポンサーリンク

-人生観

Copyright© じゃすログ , 2018 All Rights Reserved.