ジャニヲタでありゲーマー・手芸など何でもありなブログ

じゃすログ

心の健康

適応障害による休職中にやっておいたこと

投稿日:2017年9月1日 更新日:


どうも、じゃすみんです。

前回も書きましたが、先々週から原因不明の諸症状に悩まされ精神科へ行ったところ適応障害と判断されました。

現在はあの意味不明な症状は出ておらず、落ち着いていますがいつ再発するやらといった感じです。

今回はこの休職中に私がやっていたことを書いていきたいと思います。
私と同じ適応障害で悩んでる方に是非参考にしていただきたいです。

診断後2日間

とりあえず尋常じゃないくらい体がだるいし頭もボーとしてるんでひたすら寝ることに専念しました。
1日15時間とかもっと寝てたかも。あんなに寝たのは人生になかったです。

でも寝ないと得体の知れない不安にかられるんですよ。
「私なんて生まれてこなきゃよかった」「私は平日なのに働いてないダメ人間だ」とか。
そういった思考から離れるためにもこの2日間は睡眠優先で生活しました。

診断後3日後〜

ちょっと体も頭もまともに動くようになり、来週には仕事復帰しないといけないので、
このままじゃいかん!と思いアフィリの記事書いたり、趣味のクロスステッチをするなどとにかく手先を動かすことをやっていきました。

スポンサーリンク

ここ数日思ったことなのですが、手先を動かすことで夢中になってやるので自分が適応障害だったことすら忘れてしまうんですよ。
それが私にとってはすごく効果的で、落ち着きを取り戻して心身の不調も治っていったように感じます。

自分のしたいことができるってすごいことなんだなと改めて感謝の気持ちが芽生えました。

あと短時間ではありますが外出をしました。
人が多いのがどうもダメみたいですが、仕事するときはそんなこと言ってられないので天王寺など平日でも人の多いところへ出かけ、人と触れる訓練をしました。
リハビリみたいなもんですねw

養命酒を飲み始めた

先週の一番ヤバいときから養命酒を母から勧められ飲み始めました。

すぐに聞き始めるワケじゃないですけど、先週と比べて体が動くようになり、それにつれて頭も回復していく感覚があってすごいなーって思いました。

ただ、激マズなんで一番最初にそれを超えないといけないのが難関ですね(^◇^;)
胃が焼けるような感覚もありますしね。でも健康のためにと思えば飲めますよ。

明日は心理カウンセリング受けます

ちょっと今まで出てなかった感情とか色々出て、ちょっと動揺したんで本格的な心理カウンセリングを受けることにしました!

そうすれば何かしら自分の思考を変えられたり、不眠の悩みとかを少しは解放できるかなと思ってます。

でも初回に心理テストやるらしいんだけど、ちょっと不安なんだよな。
怪しいなんかを売りつけられたりしてw
また記事にしますね♪

最後に

今回は適応障害と診断されてからやってきたことをお届けしました。

いや〜、私ストレスに対しては大丈夫だと思ってたんですけどここまでメンタルズタズタになるとは思いませんでしたよw

上司が理解ある人でよかったとつくづく思います。
月曜会社に行ったら感謝の気持ちを伝えないとダメですね!

では、今回はここまでノシ

 

スポンサーリンク

-心の健康

Copyright© じゃすログ , 2018 All Rights Reserved.